当社は昭和47年設立以来、日本有数の銘木産地「吉野」において集成材の生産に携わってまいりました。

独特の色、艶、香りといった良質な吉野材が持つ特性に集成材技術を結びつけ、建築業界が求めるニーズにお応えしております。

化粧板には厳選された吉野産の杉・桧を使用。集成材の持つ様々な長所はそのままに、「吉野の銘木」の風合いをご提供することにより、日本の心・木と和室の復活を実現いたします。

また、当社では集成材の特性を活かした「ウッディーパーテーション」や、吉野杉特有の木目を活かした「透かし彫りプレート」なども販売しております。

これからも吉野杉・桧、そして集成材の魅力を様々な形で皆様にお届けできるよう、誠心誠意努めてまいります。

 

株式会社 南都木材産業
代表取締役 福田 富夫

Print Friendly, PDF & Email